FC2ブログ

あなたも出来る短時間「メルマガ起業法則」

情報起業、情報配信ってなんだろう? メルマガ発行の疑問点、メルマガ起業って? とっておきは・・・ |ホームページ+メルマガ連動|ブログ+メルマガ連動| ヤフオク+メルマガ連動|やってみよう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

質問力(1)

まぐまぐ
(メルマガ起業法則:0000143747)

(無料メルマガです!2秒で登録できます!)


質問力(1)

質問力というテーマが最近言われているようです。
これは、情報を得るためには必要なことです。


必要な情報を得るために、情報を持っている人から聞くのが早い。


しかし、質問することが適切なことでなければ、欲しい情報を得られないとい
う発想が「質問力」です。


逆に言えば、相手から情報を引き出す能力。
または、相手の能力を引き出す能力。


これが、「質問力」となったものでしょう。


ユズさんのセミナーでも言われていた内容ですが、カンタンに紹介致します。


私は初心者なもので・・・
まだはじめて間もないので、右も左も分らないですが・・・


という事を良く聞きます。
この時、先輩に対して後輩がその様に言うケースはまだ許されるかも知れま
せん。


ああ、かわいいやつだ。
と思われる可能性もあるし、人って頼りにされたがる部分があるんですね。


しかし、ビジネスで名刺交換している時に、そう言われたらどうでしょう?


私は初心者なもので・・・
HPもブログもメルマガも良く分りません・・・


ビジネスが終わってしまいますね。
だって、名刺交換は「営業」なんですから。


営業マンが


   ●「私には売る物がありません」
   ●「私が取り扱っているものは最低です」


って言ってたら、ビジネスは終わってしまいます。
へりくだって、言った言葉が最悪の結果に・・・


相手に質問する場合でも、相手がメリットとなる質問が必要です。

また、具体的な質問に対して選択肢が少ない方が答えには困らないでしょう。


「○○のように考えていますが、私はこう考えています。○○さんならどちら
 を選択しますか?」



この応用として、


「○○して頂きたいと考えていますが、もし、そのようにして頂ける場合は、
 私からは○○のようなことが出来ます。」


「もしメリットがあるとお考えなら、是非ご協力下さい」


という内容になると思います。


一見質問では無いような「質問」も必要です。YesかNoか・・・


ここまでくれば、答えは簡単ですが、Yesと言った場合に、あるいはNoと
言った場合に、すかさず「どうしてそう考えるのか・・・」を聞くことが出来
れば、それからの展開が違ってくると思います。


実は、次も同じテーマで書く予定です。


ブログって良く分らないんですが・・・
って言われたら、読んでいるあなたはどう答えますか?

>>このネタ続く



まぐまぐ
(メルマガ起業法則:0000143747)

(無料メルマガです!2秒で登録できます!)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://melmagamax.blog1.fc2.com/tb.php/151-50d9c598
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。